ジェノベーゼ・ソース

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_9285666.jpg

今日はジェノベーゼ・ソースのご紹介です。

「ジェノベーゼ」とは「ジェノヴァ(イタリアにある都市)の」という意味。
ジェノヴァでは高品質の良いバジルが収穫されるらしく、
この地方で作られていたこのソースをジェノベーゼ・ソース、または
ペスト・ジェノベーゼと呼ぶそうです。

先日の我が家でのクリスマスパーティー
         (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)
カプレーゼのソースとしてお皿に添えました♪

緑がとっても鮮やかでバジルが何とも香しいジェノベーゼ・ソース、
意外と手間がかかるのですが、日持ちして使い道が豊富なので、
煮沸消毒したビンなどで冷蔵保存しておくと便利ですよ♪



■材料■
  バジルの葉 ・・・ 50g
  にんにく ・・・ 1欠片
  松の実 ・・・ 50g
  くるみ ・・・ 50g
  オリーブオイル ・・・ 1カップ
  パルメザン粉チーズ ・・・ 30g
  塩こしょう ・・・ 適量

■下準備■
  1 バジルの葉は、香がとばないよう、洗わないで
    濡らしたペーパータオルなどでていねいに拭いておく。
  2 にんにくはみじん切りにしておく。
  3 松の実とくるみは、5分弱煎って冷ましておく。

■作り方■
  1 バジルの葉、にんにく、松の実、くるみ、オリーブオイルを
    ミキサーに入れ、ペースト状になるまで混ぜる。
  2 粉チーズを加えて更にミキサーにかける。
    (★粉チーズは必ず後から加えて下さい。最初に加えてしまうと、
     オリーブオイルを吸ってボソボソになってしまうので注意)

  3 なめらかになったら、塩こしょうで味を整える。

■メモ■
  ★ ジェノベーゼ・ソースのその他の使い道
    ☆ ほたてとジャガイモのパスタ・ジェノベーゼ
    ☆ 鶏胸のバジル焼き
      一口大に切った鶏胸にソースとマヨネーズを混ぜて絡め、
      天板に並べてパン粉をまぶし、オーブンでこんがり焼く。
    ☆ アボカド、トマト、ベーコンの冷製パスタ
      一口大に切ったアボカドとトマト、カリッと焼いたベーコンを
      パスタとジェノベーゼ・ソースで和える。



f0229182_9534557.jpg
















本日のメニュー
 ■ トマトとバジルとモツァレラのカプレーゼ
 ■ スタッフト・マッシュルーム
 ■ ローズマリー・ポテト

 ■ クロカンブッシュ
   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-16 09:57 | Recipe (レシピ)

<< クロカンブッシュ スタッフト・マッシュルーム >>