「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

砂糖パン

f0229182_2147137.jpg


病気で辛い時、大人になった今でも母に甘えたくなることがあります。
そんな時はコレ、子供の頃から大好きだった砂糖パン。
食べやすくて美味しい、病気の時の特別メニューでした。

歯科治療で歯と心とお財布が痛い今朝、ちょっとだけ自分にご褒美。
    (日記は ↑ コチラ ↑ をクリック♪)



■材料■
  食パン ・・・ 1枚
  バター ・・・ 大さじ1
  砂糖 ・・・ 大さじ1
  シナモン ・・・ ひとつまみ
  牛乳 ・・・ 1/2カップ

■作り方■
  1 バターを柔らかく練って、トースト前の食パンに塗る。
  2 砂糖をまんべんんなく全体に振る。
  3 シナモンをまぶす。
  4 予熱していないトースターで軽く焦げ目がつくまで焼く。
  5 食べやすい大きさに切ってお皿に盛り、冷たい牛乳をかける。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-30 21:58 | Recipe (レシピ)

歯医者と夜桜

今日は歯医者に行って来ました。

最近Root Canal (根管治療) をやったので、事後処理の crown (被せもの)。
今回は型を取っただけなので、間に合わせの被せ物をしてもらって、
また2週間後に行かなければいけません。  はぁ・・・

f0229182_1414475.jpg

   歯科医を含めアメリカの病院は、細かく専門分野に別れているので、
   同じ病院で治療の続きやフォローアップが出来ないことが多くあります。

   Root Canalや抜歯は専門の医師が、crownやfilling(詰めもの) は一般の歯科医が。
   出産も、初期の診察は一般の婦人科の医師が、
   2ヶ月辺りからは婦人科の専門医師または産婆さんが専属になり、
   流産してしまった場合は専門の病院が別にあったり。

   別々に予約を入れたり、違う場所に行かなければいけないのは面倒ですが、
   その専門の先生に診ていただけるというのは安心です。


   ですが、歯科医の治療費の高いこと!
   公務員である私の医療保険は、比較的保証範囲も金額も良い物なので、
   例えば、眼科検診なんて$5だし、コンタクトまで保険が利いて
   2週間の使い捨て3セット入りが1箱で$8なんて格安!
   なのに歯科医だけは保険に入っていても家計に大打撃で。
   先日のRoot Canalは保険が80%をカバーして、私の出費は$200+、
   今回のcrownなんて50%のカバーのみで、私の負担は$450+!

   流行語なんて知識として持っているだけの私ですが、
   もうね、今回ばかりは「どんだけ〜」でした。

   先日オバマ大統領によって可決された医療保険改革、
   これから色々と変わってくれると良いのですが。


散々つつかれ、削られ、麻酔をかけられ、
口の端が切れて、頬が腫れ、ぢくぢく疼く・・・

こういう時、すごく母に会いたくなります。

   普段から面倒見が良い人ですが、病気の時は格別。
   身体が弱く、頻繁に熱を出したり色んな病気にかかることが多い子供だったのですが、
   どんなに疲れていても愚痴の一つもこぼさず、いつも暖かい笑顔で看病してくれた母、
   17歳で親元を離れて以来、何かと一人で頑張って来ましたが、
   病気の時って心細くなるからでしょうね、すごく甘えたくなります。


熱が下がった日の朝食は、ちょっとした特別メニューをリクエスト。
いつも朝食からしっかり作る人なので嫌がられてはいましたが、
   ■ 砂糖パン
 (レシピは ↑ コチラ ↑ をクリック♪)
たまに食べるお菓子感覚のコレ、子供の頃から大好きでした。

「母が子離れ出来ていないの~」なんて言っているけれど、
私も母離れ出来ていないんでしょうね。

ダンナ君もいないし、明日の朝久しぶりに作ろうかな。



満月に照らされて何とも幻想的な夜桜。

f0229182_14144149.jpg

先ほど帰宅した時、玄関への階段を上る途中で見つけちゃいました。
素敵でしょ、このアングル。

子供の時に秘密の場所を見つけた時の様な、
そんなほっこり心が温まる瞬間でした。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-30 14:32 | Daily Life (日常)

ツナサンド

f0229182_7245570.jpg


我が家のツナサンド、ほんの少しだけ普通のツナサンドと違います。
というのも、のりを入れるから。
   そう、のりです。 海苔。 Seaweed。

ダンナ君の実家ではそれが普通だったため、海苔が入っていないと不満だそう。
いつの間にか我が家でも入れるのが当たり前になりました。
先日のChrisの誕生日パーティーのツナサンドには入れませんでしたがw
    (日記は ↑ コチラ ↑ をクリック♪)
入れた方が美味しい、というわけではなく、風味に変化がある程度かと。



■材料■ (1~2人分)
  食パン ・・・ 4枚
  ツナ缶 ・・・ 1個
  マヨネーズ ・・・ 大さじ3
  ガーリックパウダー ・・・ 少々
  パセリ ・・・ 少々
  塩、黒こしょう ・・・ 少々
  焼き海苔 ・・・ 2枚

■作り方■
  1 ツナ缶の水をしっかり切っておく。
  2 マヨネーズ、ガーリックパウダー、パセリを加えてしっかり混ぜる。
  3 塩、こしょうで味を整える。
  4 パンに海苔とツナを挟む。
  5 ペーパータオルなどで包み、軽く重石をしてなじませる。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-29 08:06 | Recipe (レシピ)

クリスの誕生日


土曜日は親友Chrisの誕生日パーティーでした。

   このChrisも、今の私を語るのに欠かせない人。

   Jenniferのおかげで自分の殻から出ることが出来たけれど、
   それでも英語に苦労する日々がすぐに変わるわけではなくて。
   色んな所に連れて行ってくれ、友達を紹介してくれ、宿題を手伝ってくれたり、
   辛抱強く私の話を聞いては文法を注意してくれ、新しいフレーズを教えてくれ、
   時には、朝の3時、4時まで付き合ってくれることも。
   彼の家族とのつながりも深くなって、私にとっては家族同然に。
   彼がいてくれたから、今の私がいて、今の私の英語力があるのです。

   遊びに来てくれた私の高校時代の友達と恋に落ちて国際結婚。
   今では7ヶ月の女の子のパパです。


f0229182_5354749.jpg

ゲストがそれぞれ1、2品を持ち寄るポットラックでお腹を満たした後は誕生日ケーキ。

f0229182_5371589.jpg

アメリカでは、誕生日の本人がケーキ入刀するも、抜くのは演技が悪いとされています。
ゲストの誰かが代わりに抜いてあげるのが普通ですが、
クリス一家の場合は、逆に幸運になるということで、
13日の金曜日生まれの姪っ子に抜いてもらうのが習慣です。

f0229182_5425437.jpg

ケーキを食べたら次はプレゼント。

アメリカでは、誕生日パーティー中にプレゼントを開けます。
皆の前で一つずつプレゼントを開けて、中を堪能し、お礼を伝えます。

もう一つ大きく日本と違うところといえば、包装紙を破って開けること。
えぇ、そりゃもう遠慮なくビリビリと。

元々プレゼントの包装には凝る方だったのですが、
いつの間にか簡潔に済ませるようになっちゃいました。

可愛らしいデザインの包装紙バッグにプレゼントを入れ、
その上から色とりどりのティッシュと呼ばれる薄葉紙を詰めます。

f0229182_623093.jpg

これはクリス一家だけかもしれませんが、
誕生日カードの面白さを競うのも、誕生日パーティーの楽しみの一つ。

誕生日の本人の性格や趣味を考慮した上で、ユーモアあふれるカードを選びます。

f0229182_610139.jpg

プレゼントが終わったら、またそれぞれ思い思いの事をして楽しみます。

最近皆で集まるとよくやるのはRock Band。

f0229182_6135594.jpg

ドラッグの問題などでカラオケBoxが普及できなかったアメリカでは、
バーのカラオケはあっても、もっとプライベートに歌える場所がありませんでした。

だからなのか、Rock Bandは発売以来すごく人気が高くて、
Rock Bandのためだけのパーティーをしたり、
Rock Bandのバンドを組んで大会に参加する人もいるほど!

Old Schoolから最近の流行の曲まで、夜が更けるまで楽しみます。

2エーカーと、家の敷地が広いので、
夜遅くまで大声で歌って、大声で笑って、大声で騒いでも問題なし。

f0229182_6213683.jpg

冬の間は夜が更けたら、外で火を囲んでトークタイム。

f0229182_6263313.jpg

近況報告をしたり、テーマを決めてディベートをしたり、話すことが大好きな家族です。


今回のポットラックのテーマはChrisの好きな食べ物。
私が作って行ったのは彼が大好きなチーズケーキと
   ■ ツナサンドイッチ
 (レシピは ↑ コチラ ↑ をクリック♪)

f0229182_6331134.jpg

簡単で美味しいこのチーズケーキ、実はインスタントなんです。
マーガリンを加えて混ぜるだけのクラストに、牛乳を加えて混ぜるだけのチーズクリーム。
カップに入れて冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。

   何でアメリカ人って、こういうインスタント系の味が好きなんでしょう?
   箱入りのマカロニ&チーズとか、ハンバーガー・ヘルパーとか。
   友達の間では「White Trash Food」って呼んでいますw


f0229182_6354297.jpg


つい最近婚約したばかりの友達に、結婚式でのカメラマンを依頼されました。

結婚式のカメラマンを頼まれるのはこれで3回目になるけれど、
カメラの扱いはまだまだ素人だから、もっと勉強しなくちゃいけないな。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-29 06:40 | Daily Life (日常)

■ドイツ■ ミュンヘン風チーズキッシュ

f0229182_5491811.jpg


交換留学生として、初めてアメリカに足を踏み入れた14年前
    (日記は ↑ コチラ ↑ をクリック♪)
目を閉じれば、沢山の思い出が昨日のことのように鮮明に浮かんで来ます。
辛かったことや楽しかったこと・・・ もちろん甘酸っぱい恋の思い出も。

当時好きだったのは同じ留学生のホストブラザー、ドイツ人のJan (ヤン) 君。
このキッシュも、別ページでご紹介させていただいているポテトサラダも、
                               (レシピは ↑ コチラ ↑ をクリック♪)
彼のお母様に教えていただいたドイツ・ミュンヘン料理です。



■材料■ (直径27cm丸型)
  パイ生地 ・・・ 適量 (市販でも可)
  たまご ・・・ 7個
  ヘビークリーム ・・・ 1カップ (250cc)
  牛乳 ・・・ 1/2カップ (125cc)
  玉ねぎ ・・・ 1/2個
  チェダーチーズ ・・・ 1 ~ 2カップ (100 ~ 200g)
  パプリカ ・・・ 大さじ1/2
  塩、こしょう ・・・ 少々

■下準備■
  1 オーブンを360Fに予熱しておく
  2 チェダーチーズはブロックであればグレーダーでおろしておく。
    (★おろしが荒いと沈んでしまうので、細かくおろす)

■作り方■
  1 パイ生地を型に敷く。
    (★サクッとした食感がお好きな方は、フォークで均等に穴を開け
     390Fのオーブンで15〜20分下焼きすることをおすすめします)
  2 玉ねぎをみじん切りにして軽く炒める。
  3 ボウルに卵をしっかり溶きほぐす。
  4 ヘビークリームと牛乳を加え、泡立てないようにしっかり混ぜる。
  5 玉ねぎ、チェダーチーズ、パプリカ、塩、こしょうを加えて全体を合わせる。
  6 パイ生地の上に静かに流し込み、表面をならす。
  7 オーブンで40分ほど焼く。

■メモ■
  玉ねぎを軽く炒めてから加えても美味しいですよ。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-28 05:52 | Recipe (レシピ)

■ドイツ■ ミュンヘン風ポテトサラダ

f0229182_443103.jpg


交換留学生として、初めてアメリカに足を踏み入れた14年前
    (日記は ↑ コチラ ↑ をクリック♪)
目を閉じれば、沢山の思い出が昨日のことのように鮮明に浮かんで来ます。
辛かったことや楽しかったこと・・・ もちろん、甘酸っぱい恋の思い出も。

当時好きだったのは同じ留学生のホストブラザー、ドイツ人のJan (ヤン) 君。
このポテトサラダも、別ページでご紹介させていただいているキッシュも、
                               (レシピは ↑ コチラ ↑ をクリック♪)
彼のお母様に教えていただいたドイツ・ミュンヘン料理です。



■材料■ (4人分)
  じゃがいも ・・・ 3個 (約700g)
  輪切りピクルス ・・・ 50g
  マヨネーズ ・・・ 1/2 ~ 3/4カップ (好みで調節)
  ピクルスジュース ・・・ 大さじ2
  粒マスタード ・・・ 大さじ1 ~ 1と1/2 (好みで調節)
  塩、こしょう ・・・ 少々

■下準備■
  1 じゃがいもは芽をていねいに取り除き、きれいに洗っておく。
  2 ピクルスジュースは茶漉しなどでこしておく。

■作り方■
  1 鍋にたっぷりの水を入れ、塩をして水からじゃがいもを茹でる。
  2 ピクルスをみじん切りにする。
  3 じゃがいもに菜箸がすんなり突き抜けるようになったら、ざるにあげて水をきる。
  4 食べ易い大きさに切る。
    (★皮が苦手な方はむいて下さい。私は半分ほどむいています)
    (★食感を残すためにじゃがいもはマッシュしません)
  5 ピクルスを加え、全体をさっと和える。
  6 マヨネーズを加えて混ぜ、全体になじませる。
  7 ピクルスジュースを回し入れ、さっと和える。
  9 塩、こしょうで味を調える。
  8 粒マスタードを加え、全体をさっと和える。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-28 04:46 | Recipe (レシピ)

つながり

先日、Facebo■kに思いもかけない人からメッセージが届きました。

卒業して以来10年以上も音信不通になっていた
アメリカ高校時代の大好きだった友達、Jennifer

ネットやケータイが今ほど普及していなかったあの頃、
卒業と共に仲の良い友達と疎遠になってしまうことは珍しくなくて。
私も例に漏れず、その子と音信普通になってしまっていたんです。


言葉の壁やカルチャーショックで
何度涙で枕を濡らしたかわからない留学1年目。

   テストの成績は良くなかったけれど、会話となると得意で、
   私ならやっていけると自信満々に渡米したものの、
   いざ現地に来ると言葉が通じないし、言われていることがわからない、
   授業はどんどん先に進んで行くし、宿題も毎日出される。
   話せない、理解できないから友達もできない。

   ネイティブの会話のスピード、習ったことのないフレーズに侮蔑用語・・・
   恐怖心すら覚え、精神的に英語を受け付けない状態になってしまいました。

   ただ教室にいるだけ、ただホストファミリーとの食事の場にいるだけ。
   全ての音が頭の中を素通りして行く毎日。

   初めての土地、慣れない生活習慣、
   全て自分の責任でやらなくてはいけないプレッシャー、
   頼れる人のいない不安、友達ゼロからのスタート、
   留学前には考えもしなかったようなことに悩まされました。

   そんな日々を繰り返すうちに、自信喪失。

   結果、失声症。

   声が出ないんです。
   まるで話し方をを忘れたかのように、声の出し方がわからなくて
   「おはよう」と声をかけられても、その「おはよう」が返せないんです。

   焦りました。
   辛くて苦しくて、
   日本に帰りたい、そればかり考えていました。

   しばらくして少し声が戻った時、
   母に国際電話で「もう帰りたい」と告げると

   「じゃぁ、帰ってくれば?」

   あまりにもあっさり言われて拍子抜け。
   でも、それと同時に私の天の邪鬼な部分の闘志に火がつきました。

   父親の反対を振り切ってまで出て来たのに、
   あれだけ周りに助けてもらったのに、
   ここで尻尾を巻いて逃げ帰るわけにもいかない。

   だから必死で英語を勉強しました。
   持って来たポケット辞書はぼろぼろでページが落ちて来るほど。
   ランチタイムと睡眠時間も削って、がむしゃらに。
   思えば、あの時ほど『必死』になったことは後にも先にもないと思います。

   そんな折、声をかけて来たのがコーラスのクラスメイトの彼女でした。
   私が声がほとんど出ないことや英語が出来ないことお構いなしに
   毎日、毎日、教室に入ると一番に話しかけて来たんです。
   誰とも関わりたくなかった気持ちがほぐれだし、
   少しずつ声が戻って来ました。

   話題は単純なことでした。 「new face」は日本語で何と言うか。
   「新顔」だと教えてあげると、彼女はお腹をかかえて笑い出すんです。
   理由を説明してもらっても、いまいち言っていることがわからないけれど
   彼女は楽しそうに笑い続け、他の日本語も教えてくれ、と。

   辞書を片手に会話をしているうちに、気付けば一緒にいるのが当たり前になって、
   周りのクラスメイトも巻き込んで騒ぐほど。

   友達も出来て、少しずつ英語が上達して、毎日が笑いの連続。
   放課後も学校に残って話し込んだり、
   お互いの家にお泊りして夜更かししたり、
   何かイベントがあれば一緒に出かけ、
   コーラスの全国大会でカリフォルニアに行ったり・・・

   本当に中身の濃い留学1年目でした。



いつの間にか空高く築いてしまっていた、自分と自分以外とを隔てる心の壁。

その壁を粉々に叩き壊して私を外へ引っ張り出し、
アメリカ生活を楽しむための第一歩を踏み出す勇気を与えてくれたのが彼女。

今の私を語るのには、いなくてはならない人です。


連絡がとれた途端、メールの嵐。
あの頃と変わらない勢いで、ぐいぐいと今の私の生活に入り込んで来て、
相変わらずの前向きさで、私の中のだらけていた部分に喝を入れてくれました。

他の州に引っ越してしまったらしく、地理的な距離は開いてしまったけれど、
この10年間離れていたことを感じさせない他愛無い会話をしながら、
また心がつながったことを確信出来ました。

f0229182_12484784.jpg

英語に慣れて来た頃に聞いてみると、
「新顔」という単語の音がスペイン語のある侮蔑用語に似ていて、
純粋そうな顔をした日本人の私がその単語を言うのがおかしかったんですって。
そんな単語を言わせるなんて!って怒っておきましたがw
もちろん今ではsだのfだの平気で使っていますがw


あの頃を思い出す度に食べたくなるのが、
当時好きだったドイツ人の留学生、ヤン (Jan) 君のお母様から
教えていただいたドイツ・ミュンヘンのベジタリアン料理。
   ■ ポテトサラダ
   ■ チーズキッシュ
(レシピは ↑ それぞれメニュー名 ↑ をクリック♪)
私にはちょっと甘酸っぱい思い出の詰まったレシピです。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-26 13:05 | Daily Life (日常)

初ベーグル

今日は久しぶりに時間があったので、初・ベーグル作りにチャレンジ!

パン作りを初めてまだ日が浅いし、普段は時間がないから
今までに作って来たパンの数は両手で余るほど。

それでも、捏ねる際の生地の感触、発酵に成形、
少しずつプロセスに慣れて、パン作りが楽しいこの頃。

イーストの扱いが怖くて、パン作りに手が出せなかった1年前がウソみたい。
   『富士山の5合目に位置する高度に、
    湿度がほとんどなく、昼夜の気温の差が激しい砂漠気候』
   なんて土地条件のせいで、分量の調整と発酵にコツがいって、
   ただでさえ手間のかかるパン作りが更に大変だって聞いていたし。



f0229182_13181313.jpg

初ベーグルはご覧の通り、しわしわでクロワッサンみたい・・・

ネットで原因を調べてみると、思い当たることが出て来る、出て来る。
「菓子パンより簡単じゃん」なんて思っていた自分のおバカxxx

日常生活も勉強も『失敗を次に生かす』のが苦手な私、
でも何故か、料理で同じ失敗をしたことがほとんどないんです。
次に作る時はつるつるテカテカに出来ます様に

しわしわだけれど、味も食感も確かにベーグルで、
口に入れた瞬間、「おおぉ~~」って素直に感動。

まだまだ若葉マーク付きのパンだけれど、
家中にふんわり広がるパンの焼けるにおいと、
「美味しいっ!」って食べてくれるダンナ君の笑顔で、
とっても幸せな気分の午後でした。



暖かかったり寒かったり、気温が定まらないし、
天気予報では雪が降るかもなんて言っているけれど、

家の前の桜(だと思う・・・)も咲き始めて、春は目の前かな。

f0229182_1430330.jpg



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-24 14:35 | Daily Life (日常)

■メキシコ■ Nidos de Pajaro

f0229182_8573686.jpg


Nidos de pajaro (ニドス・デ・パハーロ) はメキシコのクッキー。
スペイン語で鳥の巣という意味で、見た目が似ていることからそう呼ばれています。
別ページでご紹介させていただいているFlan (フラン)も、
                    (レシピは ↑ コチラ ↑ をクリック♪)
先日マタンザに招待された際に作ったものです。
(日記は ↑ コチラ ↑ をクリック♪)


■材料■ (約25個分)
  バター ・・・ 175g
  砂糖 ・・・ 70g
  バニラエッセンス ・・・ 少々
  卵黄 ・・・ 2個
  小麦粉 ・・・ 330g
  BP ・・・ 小さじ1/2
  塩 ・・・ ひとつまみ
  卵白 ・・・ 2個分
  砕いたピーカンとアーモンド ・・・ 適量
  好みのジャム ・・・ 適量

■下準備■
  1 バターと卵を室温に戻しておく。
  2 卵を卵白と卵黄にわけておく。
  3 小麦粉、BP、塩は合わせてふるっておく。
  4 オーブンを350Fに予熱しておく。
  5 天板にオーブンシートを敷いておく。

■作り方■
  1 ボウルにバターを柔らかく練り、砂糖を混ぜて白っぽくなるまで練り混ぜる。
  2 卵黄を溶きほぐし、少しずつ1に加え、その都度練合わせる。
  3 小麦粉、BP、塩を少しずつ加え、ゴムベラでさっくり合わせる。
  4 まとまり始めたら、手で潰すように丁寧に混ぜ合わせる。
  5 小さい玉に丸め、天板に隙間を空けて並べていく。
  6 生地に溶いた卵白をハケで塗り、ピーカンをまぶして軽く指で押さえつける。
    (★軽く転がして側面にもピーカンをまぶす)
  7 オーブンで5~6分焼き、一度取り出す。
  8 熱いうちに指やめん棒の先などでくぼみを作る。
  9 再度オーブンで15~20分焼き、ラックなどの上で冷ます。
 10 好みのジャムをくぼみに詰める。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-23 09:02 | Recipe (レシピ)

■メキシコ■ Flan

f0229182_641732.jpg


Flan (フラン) はメキシコのプリン。
日本のプリンに比べて硬めで濃厚です。
別ページでご紹介させていただいているNidos de pajaro (ニドス・デ・パハーロ)も、
                            (レシピは ↑ コチラ ↑ をクリック♪)
先日マタンザに招待された際に作ったものです。
(日記は ↑ コチラ ↑ をクリック♪)


■材料■ (19x29x5cm型)
  砂糖 ・・・ 150g
  卵 ・・・ 6個        
  コンデンスミルク ・・・ 250cc
  エバポレートミルク ・・・ 250cc
  ココナッツミルク ・・・ 250cc

■下準備■
  1 卵を室温に戻しておく。
  2 オーブンを325Fに予熱しておく。

■作り方■
  1 砂糖をソースパンでかき混ぜながら溶かし、きつね色になったら火からおろす。
    (★余熱でどんどん火が通るので、早めに火からおろすのがポイント)
  2 カラメル色になるまでかき混ぜ続け、熱いうちに型の底に流し、全体に広げる。
  3 ボウルに卵をしっかりと溶きほぐし、コンデンスミルクを加えて混ぜる。
  4 こし器で卵液をこす。
    (★このひと手間をかけることで、なめらかな仕上がりになる。)
  5 エバポレートミルク、ココナッツミルクを加え、しっかり混ぜ合わせる。
  6 2の型に卵液を流し込み、オーブンで湯せんにかけて1時間ほど焼く。
  7 型の中心のみがふるふる揺れる程度まで焼き、常温で冷やしてから冷蔵庫へ。
    軽く水で塗らしたゴムベラを通して型からはずし、お皿などにひっくり返す。

■メモ■
  硬めが良ければミルク類を200ccに、柔らかめが良ければ300ccに好みで調整。


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪


レシピブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2010-03-23 07:37 | Recipe (レシピ)