<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

フルーツケーキ

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_1429506.jpg

日本でクリスマスのケーキと言えば、
サンタさんの砂糖菓子の乗ったスポンジケーキや
ブッシュド・ノエルやアイスケーキが定番ですが、
イギリスのクリスマス・プディングやドイツのシュトーレン、
イタリアのパネットーネに見られるように、
海外ではフルーツケーキの類が王道です。

ケーキにドライフルーツを混ぜるだけで簡単に見えますが、
ポイントを押さえておかないと見るも無残な姿になってしまう
(と言っても、フルーツが底に沈んじゃうだけですがw)
実は意外と難しいケーキなんです。
その分キレイに焼けた時は嬉しいですよね♪

ダンナ君の会社と、普段仲良くしているお友達に
お世話になってるお礼を兼ねて焼きました。

アルコールたっぷり、大人の味です♪



■材料■
  バター ・・・ 100g
  砂糖 ・・・ 100g
  小麦粉 ・・・ 125g
  BP ・・・ 小さじ1/2
  卵 ・・・ 2個
  ラム酒 ・・・ 大さじ3
  ブランデー漬けレーズン ・・・ 50g
   (★作り方は下記のメモ参照)
  ドライフルーツ ・・・ 40g
  くるみ ・・・ 50g

■下準備■
 1 バターと卵を室温に戻しておく。
 2 型に薄くバターを塗り小麦粉をふるっておく。
 3 小麦粉とBPを合わせてふるっておく。
 4 オーブンを160℃に予熱しておく。

■作り方■
 1 ボウルにバターを入れ、白っぽくなめらかな
   クリーム状になるまでウィスクですり混ぜる。
 2 砂糖を加えてしっかり混ぜる。
 3 溶き卵を数回に分けて加え、その都度しっかり混ぜる。
   (★最初の1~2回はごくごく少量にして下さいね。
    ちょっとでも多いと生地が分離してしまうので注意!)

 4 ラム酒を加えてさっと混ぜる。
 5 小麦粉をフルーツ類にまぶす。
   (★フルーツが沈まないテクその1です♪)
 6 小麦粉とBPを④に加えてさっくり混ぜる。
 7 フルーツを加えてさっくり混ぜる。
   (★ゴムベラでボウルの周囲についた生地をすくいとり、
    上からかけてあげる感じ。粉気がなくなるまでで十分です。
    フルーツが沈まないテクその2です♪)

 8 型に流し込み、10㎝ほどの高さから台に何度か落とし、空気を抜く。
 9 オーブンで約1時間焼く。

■メモ■
  ブランデー漬けレーズンは、タッパーや瓶など密閉できる容器に
  レーズンとひたひたになるまでブランデーを入れて作ります。
  4日以上漬けることをオススメします。
  沢山作っておくと、ケーキだけでなくクッキーに入れたり、
  ケーキやアイスクリームのトッピングにも使えて便利ですよ♪



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-24 14:35 | Recipe (レシピ)

型抜きクッキー

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_1628134.jpg

クッキーシリーズ、最後は型抜きクッキーです。
今回はクリスマスツリーとキャンディーケーンの型で
トッピングシュガーも色を合わせてデコレしました♪

先日、クリス達とのクリスマスパーティーで配った
            (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)
クッキーの詰め合わせ缶に入れていた一品です。

優しい色の焼き上がりなので、見た目も愛らしくて
バニラが香ってほんのり甘い、おススメのクッキーです♪



■材料■
  バター ・・・ 200g
  砂糖 ・・・ 100g
  卵 ・・・ 2個
  小麦粉 ・・・ 400g
  バニラエッセンス ・・・ 数滴

■下準備■
  1 バターを室温に戻し、クリーム状に練っておく。
  2 小麦粉はふるっておく。
  3 卵を室温に戻しておく。
    (★ちゃんと室温に戻しておかないと分離するので注意)
  4 天板にオーブンシートを敷いておく。
  5 オーブンを180℃に予熱しておく。

■作り方■
  1 バターを白っぽくもったりなるまですり混ぜる。
  2 砂糖を数回にわけて加え、その都度全体を合わせる。
  3 溶き卵を数回にわけて加え、その都度しっかりすり混ぜる。
  4 バニラエッセンスを加えて混ぜる。
  5 小麦粉を加え、ゴムベラでさっくり混ぜる。
  6 全体がまとまり始めたら手で捏ね、平らなタイル状にのばして
    ラップでピッチリ包み、冷蔵庫で10~20分冷やす。
  7 ラップをはがし、オーブンシートなどにはさんで
    ゆっくり5~6㎜の厚さにのばして行く。
  8 型抜きでくり貫き、間を開けて天板に並べる。
  9 オーブンで15分ほど焼く。

■メモ■
  ★ アイシングは粉砂糖:水 (8:1)で作ります。
    トッピングシュガーやアラザンは、アイシングが乾く前に!
  ★ 夏に姪っ子なぁなの1歳の誕生日ケーキを作ったクッキーです。
           (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)
   「大人用は砂糖を150gに」と書きましたが、今回は
   アイシングやトッピングシュガーを使ったので、
   砂糖の量を減らしています。お好みで分量を変えて下さい。
  ★ ⑥でラップで包んだものを、更に冷凍用ジップロックに入れて
   冷凍すれば長期保存が出来るので、急な来客があった時など
   時間をかけずに焼きたてクッキーを出せるので便利ですよ♪


f0229182_16282524.jpg











本日のメニュー
 ■ 絞り出しクッキー
 ■ チェッカークッキー
 ■ くるみのトフィー

   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)


f0229182_7521341.jpg







このレシピでハロウィン用の指型クッキーを作っています。

指の長さに薄くのばした生地の先に苺ジャムを塗って
アーモンドを乗せて爪を作ります。
間接のしわにナイフで軽く線を入れて、
後はレシピ通りに焼けばできあがり☆




各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-23 16:29 | Recipe (レシピ)

くるみのトフィー

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_13222920.jpg

今日ご紹介するのはくるみのトフィー

バターと砂糖を溶かしたアメリカ定番のお菓子で、
アーモンドやくるみなどナッツ類を入れることが多いのでが、
今回はそのトフィーをグラハムクラッカーにかけて
クッキー風に仕上げてみました。

先日、クリス達とのクリスマスパーティーで配った
            (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)
クッキーの詰め合わせ缶に入れていた一品です。

手間がかかる上、少しでも手を抜くと失敗するので面倒ですが、
食べだしたら止まらなくなる悪魔の微笑みのようなお菓子です。



■材料■
  バター ・・・ 115g
  マーガリン ・・・ 115g
  砂糖 ・・・ 1/2カップ
  刻んだくるみ ・・・ 1カップ
  グラハムクラッカー ・・・ 40~45枚

■下準備■
  1 天板にオーブンシートを敷いておく。
  2 グラハムクラッカーを一切れずつに割って、
    1㎝ほどの間隔を空けて並べておく。
  3 オーブンを350Fに予熱しておく。

■作り方■
  1 深めのお鍋にバターとマーガリン、砂糖を入れ火にかける。
  2 バターとマーガリンが溶けたらくるみを加える。
  3 常にかき混ぜながら沸騰させる。
    (★バターも砂糖もそれぞれが焦げやすいので、
     常に底からしっかりかき混ぜ続けて下さい)

  4 沸騰してから2~3分かき混ぜ続け、シロップ状になったら
    火を止め、常にかき混ぜながら粗熱をとる。
  5 グラハムクラッカーの上に静かに流しかける。
  6 隙間に落ちたくるみをバランスよくクラッカーの上に乗せる。
  7 オーブンで10分ほど焼く。
    (★熱いうちであれば隙間に流れたシロップもまだ軟らかいので
     スプーンなどですくってクラッカーの上にかけて下さい)

  8 そのまましっかり冷まし、冷え固まったら天板からはずす。

■メモ■
  ☆お好みで④で粗熱をとってから
   オレンジゼストを少量加えてみても美味しいですよ♪


f0229182_13254055.jpg











本日のメニュー
 ■ 絞り出しクッキー
 ■ チェッカークッキー
 ■ 型抜きクッキー

   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)


各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-22 13:31 | Recipe (レシピ)

チェッカークッキー

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_1255489.jpg

オシャレなチェック模様のチェッカークッキー
手間はかかりますが、材料も作り方もすごくシンプルなので
生地さえ作り置きしておけば、急な来客の時や
急なパーティーのお呼ばれなんかに便利ですよ♪

先日、クリス達とのクリスマスパーティーで配った
            (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)
クッキーの詰め合わせ缶に入れていた一品です。

高校の時に作ったレシピで、ほどんど配合を変えていないので
どこか「昔なつかし」素朴な味の仕上がりですw



■材料■
  バター ・・・ 250g
  砂糖 ・・・ 135g
  薄力粉A ・・・ 170g
  薄力粉B ・・・ 135g
  ココア ・・・ 30g

■下準備■
  1 バターを室温に戻しておく。
  2 薄力粉Aをふるっておく。
  3 薄力粉Bとココアを合わせてふるっておく。 
  4 天板にオーブンシートを敷いておく。

■作り方■
  1 バターを白っぽくもったりするまでしっかりすり混ぜる。
  2 砂糖を加え、しっかりクリーム状になるまで混ぜる。
  3 量りで正確に計量して2等分する。
  4 片方の生地に薄力粉Aを、もう片方の生地にBとココアを加え、
    粉っぽさがなくなる程度にさっくり混ぜる。
  5 それぞれの生地を正方形の棒状にまとめ、ラップでぴっちり包み、
    冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
  6 それぞれを縦に3等分し、「黒、白、黒」と「白、黒、白」の
    組み合わせになる様、間にはけで薄く水を塗って張り合わせる。
  7 ラップでぴっちり包み、冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
  8 それぞれを更に3等分し、チェックの模様にになる様に合わせる。
  9 ラップでぴっちり包み、冷蔵庫で1時間おど休ませる。
 10 オーブンを170℃に予熱する。
 11 周りを切り落としてきれいな正方形に切り整える。
 12 切れ端を軽く練り合わせてマーブル模様の円柱にし、
    ラップでぴっちり包んで冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
 13 厚さ4~5㎜に切って天板に並べ、オーブンで10~15分焼く。
 14 粗熱をとってからラック並べて冷ます。


f0229182_139474.jpg











本日のメニュー
 ■ 絞り出しクッキー
 ■ 型抜きクッキー
 ■ くるみのトフィー

   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-21 13:12 | Recipe (レシピ)

絞り出しクッキー

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_14184344.jpg

クッキーシリーズ、最初は絞り出しクッキーです。

絞り出しクッキーって、作り方は結構簡単なのに
それなりに豪華に見えるのでプレゼントにピッタリ!

先日、クリス達とのクリスマスパーティーで配った
            (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)
クッキーの詰め合わせ缶に入れていた一品です。

口に入れた途端、ミルクの香りがふわ~っ、
とっても幸せな気分になるクッキーです♪



■材料■ (40~50個)
  マーガリン ・・・ 100g
  卵 ・・・ 1個
  生クリーム ・・・ 大さじ1
  牛乳 ・・・ 大さじ1
  小麦粉 ・・・ 230g
  砂糖 ・・・ 90g
  バニラエッセンス ・・・ 数滴
  ドレンチェリー ・・・ 25個ほど

■下準備■
  1 マーガリン、卵、生クリーム、牛乳は室温に戻しておく。
    (★ここで卵をちゃんと室温に戻さないと、
      作り方の③で分離する原因になってしまうので注意!)

  2 小麦粉はふるっておく。
  3 ドレンチェリーは半分に切っておく。
  4 天板にオーブンシートを敷いておく。

■作り方■
  1 ボウルにマーガリンを入れ、なめらかなクリーム状になるまで
    ウィスクですり混ぜる。
  2 砂糖を数回に分けて加え、すり混ぜる。
  3 溶き卵を数回に分けて加え、その都度しっかり混ぜる。
    (★最初の1~2回はごくごく少量にして下さいね。
     ちょっとでも多いと生地が分離してしまうので注意!)

  4 生クリームと牛乳をまわすように加え、さっくり混ぜる。
  5 バニラエッセンスを加えて全体をさっくり混ぜる。
    (★ミルクの風味をしっかり残したいので、ほんの数滴だけ)
  6 薄力粉を加え、ゴムベラで全体を回すようにさっくり混ぜる。
  7 粉っぽさがなくなったら、濡れ布巾とラップをふんわり被せ、
    冷蔵庫で5~10分冷やす。
  8 オーブンを180℃に予熱する。
  9 全体をくるっと混ぜ合わせ、絞り袋に入れる。
 10 間隔を空けて天板に絞り出す。
 11 ドレンチェリーを軽く押し込んで乗せる。
 12 オーブンで15分+α焼く。

■メモ■
  ★ ドレンチェリーの代わりにドライフルーツやナッツ、
    ジャムを乗せたり、生地に抹茶を混ぜても美味しいですよ♪
  ★ 絞り方はお好みで。
    私はミディアム・サイズの星型口金を使いました。
    ☆平仮名の「の」の字を逆になぞる様に絞り出して、
     (はらいの部分から中心に向かって進む感じ)
     中央がしっかり埋まるように生地を出します。
    ☆桜の花を模ってもオシャレですよね。
     5枚の花びらを1枚ずつ作るつもりで、外側から中心に
     向かって1本ずつ絞ります。 大き目の星型口金をおススメ。



f0229182_14223440.jpg











本日のメニュー
 ■ チェッカークッキー
 ■ 型抜きクッキー
 ■ くるみのトフィー

   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-20 14:27 | Recipe (レシピ)

クリスマスパーティー 3

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
今年のクリス家のクリスマスパーティー
スザンヌの仕事の都合で27日になりました。

f0229182_1153727.jpg

そのおかげというか、今年は例年と比べて、
より長く、より多くクリスマスの楽しみを味わえちゃいました♪

f0229182_116137.jpg

先日の我が家でのクリスマスパーティーで作ったカプレーゼの
           (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)
余った材料で作ったカプレーゼ・サラダと

 ■ バナナブレッド
   (レシピは ↑ コチラ ↑ をクリック♪)

を持って行きました。
   日本でクリスマスケーキと言えば、ブッシュ・ド・ノエルや
   アイスケーキ、サンタさんの砂糖菓子が乗ったスポンジケーキですね。
   アメリカでは「クリスマスの王道ケーキ」というものはありませんが、
   この時期になるとフルーツケーキをよく見かける様になります。
   ヨーロッパではフルーツケーキの類が定番なので、その影響でしょうね。


f0229182_11102394.jpg

日本では「アメリカのクリスマスディナーはチキン!」という
イメージがありますが、実のところ、何でもありでw
   逆にチキンよりもターキーを多く見かけるかなぁ。

f0229182_11104722.jpg

クリス家のクリスマス料理のメインは、
代々継がれているという伝統ミートボール
   お米入りのミートボール、もう美味しくて美味しくて♪
   1年に1度しか食べられないので、1年越しで楽しみにしています♡



f0229182_1191392.jpg

なぁながオネムになっちゃう前に、
オジちゃんとオバちゃんからプレゼント☆ ヾ(●´▽`●)ノ

f0229182_1193346.jpg

とっても素敵な子供用ピアノ、思わず買っちゃいました♪
   いずれ、なぁなが大きくなって、我が家にも子供が授かったら
   お下がりでそのピアノが我が家に帰ってくるので、先行投資ですw ( ´艸`)


f0229182_1194915.jpg

なぁなは喜んでくれて、早速ニコニコ弾いてくれました。
   まだまだ「弾く」というより「叩く」ですが (;´▽`A``
   もうちょっと大きくなったら本格的にレッスン開始。
   オバちゃんがピアノの先生になることになっていますw

なぁな以上にクリスと純子がすごくすごく喜んでくれて、
あげた私達まで嬉しくなっちゃいました♡


f0229182_11121049.jpg

次はプレゼント交換、
ここでもホワイト・エレファントです。

f0229182_1116895.jpg

私も思い切って既出のプレゼントを奪ってみましたw ∑d(≧▽≦*)
   CMで見かけてはずっと疑問に思っていたFUSHIGIというオモチャ。
   結局はただのコンタクト・ボールだったのですがw


f0229182_11162893.jpg

ところが、後にそれも奪われてしまったので (。・ε・。)
もう一度プレゼントを選ぶチャンスが巡って来ました。
悩んだ結果、映画のチケットをまた奪うことにw
   先日の誕生日ゲームと合わせて、ダンナ君と2人で3回映画に行けちゃいます♪ (≧∇≦ )


f0229182_11165512.jpg

プレゼントはホワイト・エレファントのみとのことでしたが、
普段からいっぱいいっぱい皆にお世話になっているので、
ほんのちょっとだけ皆にプレゼント (*´ェ`*)♡
色んな種類のクッキーを焼いて詰め合わせにしてみました。

 ■ 絞り出しクッキー
 ■ チェッカークッキー
 ■ 型抜きクッキー
 ■ くるみのトフィー

   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)

カードはちょっとだけ奮発して立体のものにして、
クリスマス・レターと写真を同封しました。
   アメリカでは家族や仲の良い友達に「クリスマス・レター」と呼ばれる
   手紙をクリスマスカードと一緒に送る習慣があります。
   日本で言う年賀状と同じですが、ここ1年間の近況報告をタイプして
   印刷した手紙で、中にはニュースレターを作っちゃう人もいるほど!

   我が家は今までこれをやったことはなかったのですが、
   二人の生活も何とか落ち着いたし、今年から始めてみようか、と
   ダンナ君とあーでもないこーでもない言いながら書いてみることにしました。



翌日の早朝、日本に向けて出発だったので、そこで退散。
本当はもっと皆とクリスマスを過ごしたかったのですが、
何せこの時点で荷造りの「に」の字もやっていなかったのでw

そんなこんなで、2010年のクリスマスはこうして幕を閉じました。
会社のパーティーに行き、自宅でもパーティーを開き、
いつものクリス家のパーティーにも顔を出し、
クリスマス・レターの習慣も始め、
すごく充実したクリスマスになりました ∵:*:☆*(。・ω・。)☆・゚:*:



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-18 11:28 | Daily Life (日常)

クロカンブッシュ

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_15543896.jpg

クリスマスパーティーメニュー、最後はクロカンブッシュです。

「口の中でカリッと崩れる」という意味の「クロカンブッシュ」
小さなシュー菓子を円錐型に積み上げた飾り菓子で、
子孫繁栄や豊かな収穫を願って、高く高く積み上げます。
日本でもウェディングケーキに使われることが増えましたね。

先日の我が家でのクリスマスパーティー用に作りました♪
       (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)

見た目が華やかなので、パーティーのデザートにはもってこい!
今回のパーティーには時間がなかったので、シューは市販ですが、
一般的なシュークリームを小さく作るだけなので、
手間はかかりますが意外と簡単、オススメデザートです♪



■材料■
  プチシュー ・・・ 必要個数
  (作り方は ↑ コチラ ↑ をどうぞ♪ プチサイズに作って下さいね)
  ホワイトチョコレート ・・・ 適量
  ベリー ・・・ 適量

■作り方■
  ★ 写真のサイズで作る (50~60個)
    1 お皿に溶かしたホワイトチョコレートをハケで塗り、
      隙間を空けずにプチシューを並べる。
    2 ホワイトチョコレートを塗っては重ね、塗っては重ねを
      繰り返して円錐を作っていく。
    3 隙間にホワイトチョコレートを塗って、
      ベリー類を詰めて行く。
  ★ 大きく作る
    1 ボール紙を好みの円錐型に巻いてお皿に固定する。
    2 下からボール紙の表面に溶かしたホワイトチョコレートを
      ハケで塗り、隙間を空けずにプチシューを並べる。
    3 隙間が出来ないよう、下からていねいにプチシューを
      貼り付けて行く。

■メモ■
  ★ プチシューの数は、重ね方、サイズによってかわります。
    あらかじめ計算して、必要個数+αで準備して下さいね。
  ★ 1段固めるごとに冷蔵庫で冷やすと崩れずに作りやすいですが、
    あらかじめプチシューを冷凍しておくという手もありますよ。
    ノリのホワイトチョコがスグ固まるので便利♪
  ★ 間にベリーを飾ったり、ランダムに何個かチョコレートで
    デコレーションを加えたり、飴細工でケープを作ったり、
    用途やお好みでデコレーションを変えて下さい。
  ★ プチシューの中はカスタードでも生クリームでも、お好みでどうぞ♪



f0229182_16112621.jpg
















本日のメニュー
 ■ トマトとバジルとモツァレラのカプレーゼ
 ■ ジェノベーゼ・ソース
 ■ スタッフト・マッシュルーム
 ■ ローズマリー・ポテト

   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-16 16:12 | Recipe (レシピ)

ジェノベーゼ・ソース

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_9285666.jpg

今日はジェノベーゼ・ソースのご紹介です。

「ジェノベーゼ」とは「ジェノヴァ(イタリアにある都市)の」という意味。
ジェノヴァでは高品質の良いバジルが収穫されるらしく、
この地方で作られていたこのソースをジェノベーゼ・ソース、または
ペスト・ジェノベーゼと呼ぶそうです。

先日の我が家でのクリスマスパーティー
         (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)
カプレーゼのソースとしてお皿に添えました♪

緑がとっても鮮やかでバジルが何とも香しいジェノベーゼ・ソース、
意外と手間がかかるのですが、日持ちして使い道が豊富なので、
煮沸消毒したビンなどで冷蔵保存しておくと便利ですよ♪



■材料■
  バジルの葉 ・・・ 50g
  にんにく ・・・ 1欠片
  松の実 ・・・ 50g
  くるみ ・・・ 50g
  オリーブオイル ・・・ 1カップ
  パルメザン粉チーズ ・・・ 30g
  塩こしょう ・・・ 適量

■下準備■
  1 バジルの葉は、香がとばないよう、洗わないで
    濡らしたペーパータオルなどでていねいに拭いておく。
  2 にんにくはみじん切りにしておく。
  3 松の実とくるみは、5分弱煎って冷ましておく。

■作り方■
  1 バジルの葉、にんにく、松の実、くるみ、オリーブオイルを
    ミキサーに入れ、ペースト状になるまで混ぜる。
  2 粉チーズを加えて更にミキサーにかける。
    (★粉チーズは必ず後から加えて下さい。最初に加えてしまうと、
     オリーブオイルを吸ってボソボソになってしまうので注意)

  3 なめらかになったら、塩こしょうで味を整える。

■メモ■
  ★ ジェノベーゼ・ソースのその他の使い道
    ☆ ほたてとジャガイモのパスタ・ジェノベーゼ
    ☆ 鶏胸のバジル焼き
      一口大に切った鶏胸にソースとマヨネーズを混ぜて絡め、
      天板に並べてパン粉をまぶし、オーブンでこんがり焼く。
    ☆ アボカド、トマト、ベーコンの冷製パスタ
      一口大に切ったアボカドとトマト、カリッと焼いたベーコンを
      パスタとジェノベーゼ・ソースで和える。



f0229182_9534557.jpg
















本日のメニュー
 ■ トマトとバジルとモツァレラのカプレーゼ
 ■ スタッフト・マッシュルーム
 ■ ローズマリー・ポテト

 ■ クロカンブッシュ
   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-16 09:57 | Recipe (レシピ)

スタッフト・マッシュルーム

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
f0229182_1653575.jpg

久しぶりのレシピ紹介、今日はスタッフト・マッシュルームです。
スタッフト・マッシュルーム」とは「詰められたマッシュルーム」、
かさの中に具を詰めてオーブンで焼いたり蒸したりした一品です。

美味しくて豪華に見えるのに、実は作り方もすごく簡単で、
アメリカでのパーティー料理では定番のメニューです。

先日の我が家でのクリスマスパーティー用に作りました♪
            (日記は ↑ コチラ ↑ から♪)

マッシュルームの食感がまるでお肉のようなので、
ベーコンを入れなくても、ベジタリアンの方だけでなく、
お肉好きさんも満足できる一品ですよ♪



■材料■ (12個分)
  マッシュルーム ・・・ 12個
  ベーコン ・・・ 2枚
   (ベジタリアン用にはベーコンを入れないで下さい)
  にんにく ・・・ 2欠片
  小ネギ ・・・ 1本
  バター ・・・ 大さじ1
  クリームチーズ ・・・ 150g
  ブルーチーズ ・・・ 150g
   (ブルーチーズの苦手な方は量を減らしても大丈夫ですよ)
  黒こしょう ・・・ 少々
  パン粉A ・・・ 1/2カップ
  溶き卵 ・・・ 少々
  パン粉B ・・・ 少々

■下準備■
  1 マッシュルームは手で石づきを根元からとって、
    ペーパータオルなどでかさの中を拭いておく。
  2 石づきは荒めに刻んでおく。
  3 ベーコンは細く切って、カリカリになるまでフライパンで焼き、
    ペーパータオルなどに広げて油をきっておく。
  4 にんにくをみじん切りに、小ネギを小口切りにしておく。
  5 天板にアルミホイルを敷いておく。
  6 オーブンを350Fに予熱しておく。

■作り方■
  1 フライパンにバターを溶かし、にんにくを炒める。
  2 香りが出て来たら、石づきを加えて炒める。
  3 火が通ったらベーコンを加えて軽く合わせる。
  4 中火にしてチーズ2種を加えて溶かす。
  5 チーズがきれいに溶けたらパン粉Aを加え、
     常にかき混ぜながら全体を和える。
  6 小ネギを加え、全体を混ぜ合わせる。
  7 マッシュルームのかさに⑤を山盛り詰める。
    (★軽く山に盛り上がるくらい詰めて下さいね)
  8 表面に溶き卵を塗って、パン粉Bをまぶす。
  9 天板に並べ、オーブンで10~15分、軽く焼き色がつくまで焼く。



f0229182_1654361.jpg















本日のメニュー
 ■ トマトとバジルとモツァレラのカプレーゼ
 ■ ジェノベーゼ・ソース
 ■ ローズマリー・ポテト

 ■ クロカンブッシュ
   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-15 17:01 | Recipe (レシピ)

クリスマスパーティー 2

このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
新年明けましておめでとうございます。
昨年中は本当に沢山の方に応援・支えて頂きました。
初心者ブログで何かと頼りないコンテンツではありますが
本年もどうぞよろしくお願いします!

残念なことにまだまだ時事に追いついていませんが、
自分にとってのログも兼ねていますので、
気長に見守ってやって下さいね
(*´∇`人)


- - - - - - - - - - - - - - - - - -


毎年クリスマスはアメリカの家族と過ごすのですが、
今年はスザンヌの仕事の都合で別の日にお祝いすることになりました。

某SNSサイトに載っていた
日本とアメリカのクリスマスの過ごし方の違い』ではないけれど、
日本でクリスマスイブの方が盛大に祝われるのに対して、
アメリカではクリスマス当日の25日がメインです。
   イブの夜は家族や友達とのんびり過ごす程度なのですが、
   クリスマスの朝、ツリーの周りでサンタさんや家族からのクリスマスプレゼントを開け、
   夜はちょっと豪華な食事でテーブルを囲みます。
   イブは夕方から街のお店もお昼過ぎから夕方早めに閉まり始め、
   クリスマス当日はほとんどのお店がお休みになります。
   あの天下のウォルマートですら閉まっているんですよ!
   「唯一開いているのは中華料理のレストランぐらい」なんて冗談が定番になっているほどで。

   とはいえ、クリスの家族はデンマークの家系で、
   あちらでも24日にお祝いするのが普通らしいのですがw


そんなこんなで今年は24日と25日の予定が空いたので、
日本人で集まってクリスマスパーティーをすることにしました。
   てっすい、かとぅー君、たくみさん、ハルさんのロスアラモス組、
   コージ、エリちゃん、リナちゃん、純子のABQ組に、
   セカンドウィンドのマリさん、リサさん、ユミさんが来てくれましたー♪



f0229182_14495497.jpg

ポットラックにしたので料理は手抜き ( ´艸`)♪

 ■ トマトとバジルとモツァレラのカプレーゼ
 ■ ジェノベーゼ・ソース
 ■ スタッフト・マッシュルーム
 ■ ローズマリー・ポテト

   (レシピはそれぞれ ↑ メニュー名 ↑ をクリック♪)

f0229182_145092.jpg

エリちゃんとリナちゃんがスペアリブ、おにぎり、ちぢみ、
てっすいががんす造りと、ハルさんがカニ、
皆がいっぱい持って来てくれて、それは豪華になりました!


f0229182_145028100.jpg

まずはシャンパンで乾杯 (●´Д`人)
   シャンパン開けのプロwのコージにサービスをお願いして。
   シャンパン開けはトラウマがあるので、家の外に向かってポンッ!



すごーく悲しいことに、「いつものメンバー」のリナちゃん
1年間の留学が終わって、この数日後には帰国です。
色んなイベントを一緒に過ごしたり、色んな話をしたり、
出合ってあっという間に仲良くなったので、お別れがとっても辛いです。

f0229182_14593461.jpg

ほんの少しだけれど思い出に、大学のプレートカバーをプレゼント。
皆に少しずつメッセージを書き込んでもらいました。


ひとまず美味しい料理でお腹を満たしたら、
アメリカのパーティーの醍醐味!ゲーム開始です。

f0229182_150489.jpg

まずはクリスマス・ビンゴ
   数字の代わりにクリスマス関係の単語が5×5のマスに書かれています。
   数字の書かれた玉の代わりに、単語が書かれたカードを引きます。
   縦横斜めの1列の代わりに「X」「M」「A」「S」の文字を仕上げたらビンゴです。
   ビンゴが揃った人にはプチ・クリスマスプレゼント、賞品があります。


f0229182_154756.jpg

最初はなかなか苦戦するも、最後は立て続けに3人がビンゴ!
クリスマス関係の単語のお勉強にもなるゲームでしたw


せっかくなので、
我が家の新しいクリスマスツリーの前で記念撮影

ABQ美女三姉妹 ( ´艸`)w
f0229182_1553371.jpg

セカンドウィンドの美女3人。
f0229182_1554952.jpg

もちろん、グループ写真も。
f0229182_1562014.jpg

わかります?
上の列から「X」「M」「A」「S」の文字を作ってみたんですw


続いてトレパdeプレゼント
   アメリカのパーティーゲームの定番、トイレットペーパーで工作です。
   バチェラーエット・パーティーではウェディングドレス、
   ベビーシャワーではオムツをトイレットペーパーで作って
   その出来を競うゲームをしたりするんです。


今回はクリスマスなので、
空き箱をトレパで包んで素敵なプレゼントに仕上げます。

f0229182_1594756.jpg

何せ狭い我が家のリビングルーム、
コーヒーテーブルをどけても皆ギチギチでw

斬新な立体的なデザインのプレゼントや、
f0229182_15101811.jpg

白バラがいっぱいの可愛いプレゼント、
f0229182_1511490.jpg

大きなリボンがドーンと乗ったプレゼント、
f0229182_1511263.jpg

皆とってもクリエイティブなプレゼントが出来ました。
   飛び入り審査員はショコラw
   ショコラが飛び込んで行ったチームが優勝、
   なんていう、何とも理不尽かつ運が試される審査方法w
   楽しければそれで良いんです ∑d(≧▽≦*)



f0229182_15245053.jpg

それから本日のメイン、クリスマスプレゼント交換です♪
人数も多いし、世知辛い世の中なので今回はホワイトエレファント
   中身と差出人がわからない様にラッピングしたプレゼントを
   参加者が1人1個準備して、ツリーの下に並べておきます。
   プレゼントを選ぶ順番を決め、1番の人はどれでも好きな物を1個その場で開けます。
   2番の人は1つプレゼントを選び、それを開けるか1番のプレゼントを奪うかを決めます。
   1番のプレゼントを奪った場合、1番の人がその2番の人が選んだプレゼントを開けます。
   奪わなかった場合は、2番の人は選んだプレゼントを開けます。
   そうやって3番が2番の、4番が3番のプレゼントを奪う権利をもらえます。
   前の番号の人のプレゼントだけでなく、既出のプレゼントであれば
   どれを奪っても良かったり、新しいプレゼントを選べたり、
   人や土地によって多少ルールに違いがありますが、
   我が家は、私が高校の時やった初めてのホワイトエレファントのルールです。


f0229182_15264069.jpg

自分が選んだプレゼントがピッタリ欲しいものだったり、

f0229182_1527619.jpg

日本人なので奪い合いなんてないかと思いきや、
しっかり奪い合いが生じたり (゚ロ゚ノ)ノ

f0229182_15274988.jpg

見ているだけでも楽しいプレゼント交換でした。

プレゼントも金額の制限があるので、その範囲内で
どんなプレゼントを準備出来るかも腕のみせどころ。

f0229182_15281347.jpg

ツリーの後ろに隠れていたプレゼントに気づかず、
最後の私まで順番が回って来なかったのですが、
すると世界の平和を守るウルトラマンことハルさん
颯爽とカッコ良いことを仕出かしてくれました!
   1番を引いた純子はプレゼントを奪う相手がいなかったので、
   最後に既出のプレゼントから好きなものと交換できる権利があって、
   ハルさんの持っていたプレゼントを交換することになりました。
   ところが、純子が元々選んでいたのはハルさんが持って来たプレゼント。
   差出人にプレゼントが戻ってしまったんです。
   交換するかどうかを迷う純子に「いいよ、いいよ」とハルさん。
   申し訳なさそうにしながら純子がプレゼントを交換した途端、
   ハルさんがすくっと立ち上がり、そのプレゼントを私に手渡したんです。
   もうね、カッコ良くってホレそうになっちゃいましたょw
   最終的に隠れていたプレゼントはちゃんとハルさんの手元へ届きましたが、
   ハルさんありがとう!! (●´ω`●)



ゲスト同士のプレゼントを交換し終えたら、ちょっとしたサプライズ
何と、クリスマスパーティーをすることを聞いたサンタさんが、
予め我が家に皆へのプレゼントを届けておいてくれたんです!

f0229182_15343770.jpg

チョコレートなどのお菓子がいっぱい入ったミニストッキングです。
   「ストッキング」だからといってパンストを思い浮かべたりしないで下さいねw
   暖炉の上にぶら下げるアレ、日本で言う「靴下」は、アメリカでは「ストッキング」なんです。


ところが、このストッキングには仕掛けがあって、
この1年良い子だったか、悪い子だったかわかるようになっています。

f0229182_1541284.jpg

良い子のストッキングにはお菓子がいっぱい、
悪い子のストッキングには石炭が詰まっています。
   アメリカでは、1年良い子にしていた子供のストッキングにはお菓子が、
   悪い子だった子供のストッキングには石炭が詰まっていたとされています。
   もちろん、現代になって本物の石炭を詰めるわけにはいかないので、
   石炭の色形をしたチョコレートやガムを詰めるのですが。


またまた紙に書かれた番号を引いてもらい、
それとマッチする番号がついたストッキングを受け取ります。

お菓子だけの「良い子ストッキング
お菓子と石炭が混ざっている「まぁまぁ良い子ストッキング」、
石炭だけの「悪い子ストッキング」がありますが、
実は「悪い子ストッキング」は1つだけ。
誰が受け取るかは、その人の1年間の行い次第です。
   ぃぇぃぇ、運なんかではなく、行い、
   サンタさんは何でもお見通しなんですよーw Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


f0229182_1545420.jpg

          あっ Σ( ̄Д ̄;
          良い子ストッキングを受け取ったハルさんの後ろから
          悪い子ストッキングを受け取っちゃった悪い子が覗いていますw



f0229182_1550393.jpg

談話やゲームを楽しんだら、次はデザート
私は見た目がすごくフェスティブで豪華な

 ■ クロカンブッシュ
   (レシピは ↑ コチラ ↑ をクリック♪)

を作りました。
本来はすごく、すごく手間のかかるクロカンブッシュですが、
今回は組み立てだけで思いっきり手抜きにしちゃいましたw
見た目だけは豪華なのでパーティーにはぴったりですね♪

他にもエリちゃんのパンプキンのロールケーキ、
かとぅー君のビスコチートス、純子の抹茶あずきパン、
お腹がいっぱいだったハズなのに、やっぱりデザートは別腹。
どれもこれも美味しくて、ペロッと食べちゃいました。


f0229182_15564921.jpg

何故か整体運動をしたり、ランナーさん達にサインを頂いたり、
夜もふけて来て何人かが帰った後もパーティーは続きます。

f0229182_15521768.jpg

次のゲームは二人羽織り
   私の実家のクリスマスパーティーで昔やったゲームで、
   すっごく楽しかったので今回のパーティーにも取り入れることにしました。

ペアになって、絵か食べるかが書かれた紙を引きます。

f0229182_15574941.jpg

絵を引いたペアは、
クリスマスに関する絵を前の人が口頭で説明し、
後ろの人がそれを頼りに絵を描きます。
意外や意外、皆うまくてビックリしちゃいました!

f0229182_1635487.jpg

食べるを引いたペアは後ろの人が前の人に食べさせます。

f0229182_1644291.jpg

もうね、皆が皆予想外にうまくてビックリ。
これは次回はもうちょっとハードルを上げねばっ!

f0229182_1653388.jpg

その後もインディアン・ポーカーをやったり、
リナちゃんとのこの1年の思い出の写真を見たり、
結局解散したのは朝の3時過ぎ。
皆始終笑顔が絶えず、
本当に、本当に楽しいクリスマスパーティーになりました。


ブログ日記としてはちょっと遅れてしまいましたが、

メリークリスマス
∵:*:☆*(。・ω・。)☆・゚:*:


皆さんも素敵なクリスマスを過ごされたことを願っています



各種ブログのランキングに参加中です。
お帰りの際にポチポチッとお願いします♪

レシピブログ


クックパッド(Cookpad)にも登録しています。
3時のBARATIE」でメンバー検索して下さい♪

[PR]

by baratie3 | 2011-01-12 16:17 | Daily Life (日常)